アーストサポート日誌より『第23話 カミサマ』

いつまで居座るのかと思うようなしつこい暑さの夏も過ぎ、段々と過ごしやすい気温になってきました。
日に日に秋の色が濃くなっていくのを体感できるようになりましたね。

さて、気の滅入るような暑さは過ぎても、使っているうちにパソコンやバッテリーが熱を持ったりすることはありませんか?
多少であればよいのですが、時々心配になることもあるかと思います。
特にノートパソコンを持ち歩く人なら、パソコン本体の熱に気が付く人も多いでしょう。
今回は、そんな熱くなったパソコンをアイスノンで冷やした方からのご相談です。
なんと、冷やしたら逆に電源が入らなくなってしまったそうです。

熱を持ったパソコンの応急処置として、保冷材のようなものをあてたくなる気持ちもわかります。
しかし、今回のアイスノンのように、極端に冷たいものを使うと、中で結露してしまうことがあります。
結果として、ショートしたり、内部のさびや腐食に繋がったりする可能性があります。
タオルで巻いたりすれば危険性は減りますが、あまりお勧め出来るものではありません。
この問題を解決するには…ファン付のアルミ製のデスクなんてどうでしょう?
パソコンの熱をアルミ製の机が吸収して放熱!
更に、冷却ファンで効率よく排熱することができます!!

…とは言っても、ファンの音が気になるのが難点。
それに、デスクトップでは意味がないんですよね…。

そんなパソコンの熱を解消するのにぴったりなものを紹介します。

それは…卓上扇風機!!

その神のような全能的な使い勝手のよさから、通称カミサマと崇められています。
(弊社内でのみ通用します)

しかも、そんなカミサマは百円くらいで手に入ります!!
多分、お近くの100円ショップにもあることでしょう(物により性能や値段は大きく異なります)。

実際に使ってみると、ぶいーんと音や大きさは地味ですが、これが本当に優れものなのです。
普段使っているパソコンやハードディスクの排熱にも使えますし、ピンポイントで熱を持っている箇所を狙い撃ちできます。

電源も電池式のものや、USBから電源を取れたりするものもあったりと、いろいろなものが販売されています。
いつものオフィスだけでなく、移動先での利用など、さまざまなシーンに合わせて使うことができるのです。

起動中のパソコンが熱を持つのは仕方のないことではあります。
しかし、うまく排熱が出来てないと、パソコンの動作が重たくなったりします。
場合によっては、本体の故障に繋がってしまうようなこともあるので、心配になってしまいますよね。
「パソコンの本体が熱くて心配」とか、長時間のパソコンを利用していることが多い人は、ぜひ使ってみてくださいね。

関連記事

  1. アーストサポート日誌より『第29話 塩ふりフレンズ』

  2. 水をこぼしてしまった、Macが濡れてしまった

  3. アースト4コマ 第4話「パソコン教室」

  4. Macのバッテリー交換修理も弊社にお任せ下さい。即日修理致します!!

  5. 電源を入れてから Thunerbolt Display が中々映らない…

  6. アーストサポート日誌より『第10話 ウイルス』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

@Mac修理サポート

mac@arst.jp
TEL03-3709-9993(年中無休24h対応)
コアタイム 10:00~19:00(要予約)
東京都世田谷区玉川2-15-13アーストビル

最近の記事