MacBook Proのバッテリーが使えなくなった。

ノート型のMacにはご存知の通りバッテリーが搭載されており、
電源ケーブルを繋がなくてもMacを立ち上げる事が出来ます。
自宅や会社以外の電源が取れない場所でMacを使う人にとっては
ありがたい機能と言えますよね。
しかし、このバッテリーは新しいうちは2-3時間ぐらい普通に使えますが、
長い間使っていると、だんだんも持続時間が短くなってくるんですよね。
満充電したとしても、あっという間になくなってしまう。
それがひどくなると全く充電すら出来なくなってしまう状況になる事も・・・。

昔からMacはFinderのメニュー部分でバッテリーの残量が見れるようになってます。
それがOS10.6からだったか、そこに今度はより具体的に下記のようなメッセージが表示
されるようになりました。
具体的にはこんな感じで。

・間も無く交換
・今すぐ交換
・バッテリー交換修理

ただ、このメッセージは前述のバッテリーの残量アイコンをクリックして
中を見ないと確認する事ができないんですよね。
見た目は普通に70%とか、電池マークが表示されてるだけなんで
案外気づかない人が多いのです。

皆さんも、最近バッテリーの持ちが悪くなったなーと思ったら
ここをチェックしてみてください。
なおMacBookProなどのバッテリーは、そこらへんの電気屋さんでは売ってません。
パソコンパーツの店でも多分無いです。
かといってメーカー修理だと高いですし。

そんなわけでバッテリー交換サインが出ていたら
是非弊社にお問い合わせください!!

関連記事

  1. 破損フォントによるシステム不良にご注意下さい

  2. Macの画面が乱れる

  3. Time Machine機能を紹介!

  4. CompactProで圧縮した.cptファイルをOSXで解凍する方法

  5. メールアドレス、10年以上前の設定のまま利用していませんか?

  6. Macのバッテリー交換修理も弊社にお任せ下さい。即日修理致します!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。