Mac修理・Mac出張サポート・アースト

Mac修理・Mac出張サポート・アースト 更新日 2017/02/24

修理の流れ

iPhoneサポート

Mac PC ショッピング

リサイクルPC

修理後のしおり

Mac修理・サポート

Macでお困りの方は
アーストへご相談下さい

電話(10:00~19:00)

03-3709-9993

〒158-0094
東京都世田谷区玉川2-15-13
アーストビル

arst map

ちょっと待て!捨てる前にそのMac

こんにちは、伊藤です。

今回は、Macを使った看板!?です。
どういったことかというと弊社を例にしてみましょう。

iMacG3 Display

こんな感じで、弊社のディスプレイスペースにはiMacG3が3台ならんでます。
このiMacG3たちにはOSXを入れ、スクリーンセーバのスライドショー機能を
使ってウェブサイトのスクリーンショットや、弊社ロゴなどを表示させてます。
クリスマスシーズンになるとそれっぽい画像に変わったりもしてます。笑

飲食店さんなんかだと入り口にメニューなんかを表示させたりしても
面白いですね。
このように、本体のデザイン性が高いMacだからこそ通常の使用方法とは
また違った形で利用出来るんですね。

実は、弊社では修理だけでなくこのような形のご相談も承っております。
特に、飲食店様などにはMacintoshなどを利用して
よりよいお店作りのお手伝いをさせていただくこともできますので
お気軽にご相談下さいませ。

 

 

 

第2弾は・・・・iMacG4をコンポ代わりにしよう!です。
ここ数年、iPodの普及によりカセットやMDが衰退していき
音楽データを持ち歩く時代になってきました。
そうすると、自宅ではパソコンで音楽を聴くようにもなり
クリック一つで選曲できる便利さを知ってしまうと
CDチェンジャーすらうっとおしく感じてしまいます。
となると、ラジカセやMDコンポも使う機会が減る一方です。
そこで、代わりにMacを1台音楽専用として使おうということです。
今回の素材は最近中古市場でもだいぶ安価になってきた「iMacG4」です。
iMacG4

行なう事は簡単です。
iMacG4に、OSX Tiger (10.4)を入れます。
(お持ちでない方は弊社アーストショップでも残りわずかですが取り扱っております。)
G4の867MHz以上のモデルの場合はLeopard(10.5)でももちろんおっけーです。
あとは、ソフトウェアアップデート全て行なえばばっちりです。
今日の時点で世に出ているiPod全てが使えます。
最新のiPodはUSB2.0に対応ですが、USB1.1でも使えます。
ただ、かなり転送時間に時間がかかるのでできればUSB2.0対応の
後期モデルのほうが快適ですね。

しかもiMacG4ですと、、、
・なんといってもデザインが最高。
(全てのMacの中で個人的には一番好きです。)
・標準でついているApple Pro Speakerの音がいい。
(あのharman/kardonの技術を使用してます。)
・iSub(harman/kardon製ウーハー)にも対応している。
iSub
(↑iSub これをつけるとさらに低音が良くなります)
・USB2.0に対応している。
(後期モデルのみ)
・10.5が入るモデルにいたってはFrontRawも使えちゃう。
(後期モデルのみ)

などなど、、、。
自分の自宅でも実はiMacG4を音楽サーバーにしちゃってますが、
スゴく快適です。
機会があれば、写真をとってこようかなと、、、。

ということで、こんなことにも使えちゃうMacなお話でした。
ご意見やご不明な点などがございましたらお気軽にこのブログのコメントか
もしくは弊社問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。




mac win スクール FileMaker のアースト

▲ページトップへ