MacのUSB-CとThunderbolt3 変換アダプタに要注意

MacのUSB-CとThunderbolt3。

端子の接続口の見た目は同じなのに、Macによっては対応が異なるので特に変換アダプタや周辺機器の購入には注意が必要です。
現行のMacのラインナップでも最も注意しなければならないのが、MacBook。
MacBookはUSB-Cであり、Thunderbolt3ではありません。
例えば、Thunderbolt3 to Thunderbolt2 の 変換アダプタを例に上げると、MacBookには端子として接続は出来てしまうものの、Thunderbolt2と同様の事が出来る様になる訳ではなく、AppleのThunderbolt Displayに映像を出力したり、Thunderboltケーブルで本体同士を直結させても、ターゲットディスクモードでテータの移行が出来なかったりします。

変換アダプタや周辺機器を買う時は、出来る限り自分の本体の仕様調べあげて購入するのも良いですが、出来れば家電量販店の専門スタッフに聞いた上で購入した方が安心かもしれないですね。

買ったけど使えなかった!なんて事が無いように気をつけて下さい。

そういえば、iPhoneなどのLightning ケーブル端子もUSB-CとThunderbolt3とそっくりですよね〜w

関連記事

  1. 配送事故でiMac液晶が割れてしまった。

  2. 千葉県旭市口へMacProの出張訪問修理サポート

  3. Macの修理では初期診断が最も大切です

  4. 電源を入れてから Thunerbolt Display が中々映らない…

  5. iMacがうんともすんとも言わなくなってしまった。

  6. Macの画面が乱れる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

@Mac修理サポート

mac@arst.jp
TEL03-3709-9993(年中無休24h対応)
コアタイム 10:00~19:00(要予約)
東京都世田谷区玉川2-15-13アーストビル

最近の記事