液体を零してしまった MacBookPro Retina の修理

液体を零してしまい、電源は入るが動作が極端に重く、主に片側のスピーカーの音が割れてしまったり、バッテリーが充電出来なくなったMacBookPro Retina 13inch の修理を行いました。

液体を零したというご申告のあった修理はまず第一に本体を分解して液体の影響を検証する必要があります。

MacBookPro Retina の底板を開けてみたところ、ご覧の通り液体の反応や跡が顕著に確認出来ました。

これら全ての液体腐食箇所を洗浄しましたすびスピーカーやバッテリー不良、動作が極端に重たい症状は改善しませんでした。

検証を重ねた末、液体によるスピーカーとバッテリー故障を確認。

スピーカーとバッテリーの交換修理を行い、無事症状が回復致しました。


故障した MacBookPro Retina 13inch の 右スピーカー


故障した MacBookPro Retina 13inch バッテリー

弊社では、MacBookPro Retina の他、最新機種まで幅広く修理対応致しております。

この様に、万が一液体を零してしまったなどの自損による故障でも、弊社では通常の修理代金で修理対応致します。

新しく買ったばかりなのに液体を零してしまってMacが動かなくなってしまった。。。

そんな場合でもお気軽に弊社までご相談下さい。

関連記事

  1. アーストサポート日誌より『第27話 緩衝材』

  2. アーストサポート日誌より『第18話 Win10』

  3. アーストサポート日誌より『第29話 塩ふりフレンズ』

  4. CompactProで圧縮した.cptファイルをOSXで解凍する方法

  5. MacのUSB-CとThunderbolt3 変換アダプタに要注意

  6. Macのバッテリー交換修理も弊社にお任せ下さい。即日修理致します!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。