iMac Mac 修理

【iMac】SSDデータケーブル損傷

投稿日:

元々は別件での修理依頼

2011年製のiMac21.5inchで画面に緑色の縦縞のノイズが表示されるという事で、この世代のiMacによくあるグラフィックボード不良としてお預かりしました。
リンゴマークのあとグレー画面のまま進まなくなる症状もあったそうです。

ご申告の症状を確認(初期診断)

お預かり後、弊社にて検証を開始したところご申告の症状を確認。電源ボタンを押したらリンゴマークが出る前にまっさきにノイズが発生しました。症状的には間違いなくグラフィックボード不良なのですが、お客様に御報告するのはその他の箇所の検証を行ってからです。
画面が正常に表示されないだけに難しいところではあったのですが、検証の結果グラフィックボード以外に光学ドライブに読み込みエラーが起きていることが分かりました。

グラフィックボード修理の過程で

上記検証結果をお客様にお知らせし修理のご了承をいただいたため早速作業に着手したのですが、本体を分解したところストレージ(SSD)につながっているデータケーブルに切れ目が入り断線の恐れがある事がわかりました。この本体はもともとSATAのHDDが載っているモデルとなりますので、どうやら以前にSSDへの換装を行なったようです。そのSSDが通常とは逆の向きで取り付けられていた為に接続のケーブルに捻りが生じており、これが破損の原因になったのでは無いかと推測されます。
お客様にご報告をし交換の了承をいただいたので追加で交換を行いました。(写真が交換前と交換後となります)

まとめ

グラフィックボード修理に加えSSDデータケーブルを交換し本体の正常起動を確認。これで安心、しばらくは元気に動いてくれるのではないでしょうか。

今回がそうでしたが、この世代のiMacの内蔵HDDをSSDに変えて使用しているというユーザーが増えてきています。SSDに換装することでキビキビと動いてくれるので使用感も快適になります。
弊社ではこちらの換装作業も承っておりますので宜しかったら是非ご相談ください。

アーストお問い合わせフォーム

-iMac, Mac 修理
-, , , , ,