MORISAWA PASSPORT不要!?Adobe Typekitがすごい!!

印刷物をデザインする上で必要なもの。それがフォントだと思います。
特に日本語フォントに関しては大半の方がモリサワフォントを使用しているのではないでしょうか。

モリサワフォントを使用するにはMac1台につきモリサワパスポートという年間契約をしなければならず
金額も49,800円(税抜)/1年間となかなかの値段です。
そのかわりモリサワがリリースしているフォントは全部使えます。

ただ、何十何百とフォントの種類があったとしてもよく使うフォントというのは決まってくる人も多いですよね。
太ミン
太ゴ
見出ゴ
見出ミン
中ゴBBB
新ゴ
じゅん
この辺りさえ使えればいいんだよ!他は使わない!って方多いと思います。

そんな方!モリサワパスポートはいりません!
Adobe IDを登録してTypekitを使えば無料で上のフォントファミリーは使えます!
他にも日本語フォントはあり合計34ファミリー!!!

これはすごいです。
Adobe、がんばったなー…。
詳細は下記アドレスをご参照下さい!!

Adobe Typekitとは?:https://typekit.com/?locale=ja-JP
Typekitで使用できるフォント一覧:https://typekit.com/fonts

関連記事

  1. VectorWorksのバージョンとMacOSのバージョンの関係

  2. iCloud Drive “デスクトップ”フォルダ と”書類”フォルダ…

  3. 修理するとデータ消えてしまうの?

  4. 知らない間に空き容量が減っている問題(第1回)

  5. 既に正規サービスプロバイダやAppleでも対応出来ないMac修理に対応…

  6. アーストの修理は『直して終わり』ではありません

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。