保守レポート:AirMacを用いた店舗ネットワーク構築

弊社はこれまで多くのお客様からApple製品に関する保守運用の依頼を頂いてまいりました。またその実績から、Apple製品を含む社内ネットワーク構築・保守・運用の依頼を頂いており、お客様に好評を頂いております。

先日、飲食店の店舗に社内ネットワークとは別に、ゲスト用ネットワークを構築したいというご依頼を頂きました。社内ネットワークとゲスト用ネットワークをセグメント分割し、セグメント間の通信を物理的に制約するようなネットワーク構成を構築する案件でした。

お客様は既にAirMacをお持ちで、AirMacを有効活用したいとのご要望でした。小規模なネットワークを構築する場合において、費用対効果やAppleによる品質管理を考慮するとAirMacは有力な選択肢となります。弊社では既存のAirMacのゲストネットワーク機能を提案させて頂きました。

繋がらなくて当たり前のネットワーク構築の世界で、ネットワーク内にMacが混在する状況下である場合、Appleのサポートが得られる AirMacは、同価格帯の無線LANルータと比較して有利であると考えます。Apple製品を含むネットワーク構築をお考えのお客様は、ぜひアーストまでご相談下さい。

←Mac保守ページに戻る

関連記事

  1. アーストサポート日誌より『第28話 オーバースペック』

  2. MacOS、各アプリケーションのバージョン確認方法。

  3. VectorWorksのバージョンとMacOSのバージョンの関係

  4. 意外とつまずく!? macOS Sierra に モリサワフォントをイ…

  5. キッティングレポート

  6. アーストサポート日誌より『第19話 相談』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。