iMac Mac 保守 Mac 修理 MacBook MacBookAir MacBookPro Macmini MacPro PowerBook・iBook PowerMac サポート ブログ ブログ・コラム リモート遠隔 機種

Dropboxが使えなくなってしまった。

更新日:

先日お客様より『普段社内のデータ共有で使用しているDropboxが突然使えなくなった』というご相談をいただきました。
お話を聞くと、特にMacのOSをアップデートしたりした覚えもなくある日突然使えなくなった・・・とのこと。

早速リモート(遠隔)サポートにてお客様のMacに接続し内部を確認したところ、確かにメニューにあるDropboxのアイコンを押してもログアウトした状態で内部が見れなくなっていました。そして再度ログインをしようとしても出来なくなっていました。

その為ネットで情報を集めたところ、どうやらDropboxの仕様が変わってある時から古いOSでは使用する事ができなくなったようなのです。こんなの何の前触れもなしに突然使えなくなるのか??と調べたところ、お客様のパソコンにも下記のようなお知らせメールが(ひっそりとw)届いておりました。

●●様
現在、OS X 10.6、OS X 10.7、OS X 10.8、Windows Vista のいずれかで Dropbox デスクトップ アプリケーションをご利用いただいているようですが、
2018 年 1 月 16 日をもちまして、Dropbox ではこれらオペレーティング システムのサポートを終了することになりました。

なるほど。そういう事か。しかも1月16日ってつい先日の話じゃないですか!!
今回のお客様の使用OSは10.8 MountainLionでしたので、まさにこの仕様変更に引っかかってしまった訳です。通常このような問題が起きた際、例えばそのソフトに古いバージョンがあれば、それを使う事でなんとかなるケースもあったりするんですが、今回の場合は大元のDropbox側の仕様変更なんでその手の回避策は意味をなさず。今後とも同サービスを使う為には、Mac側のOSをアップデートして対応していくしかなさそうだという事がわかりました。

ちなみに今回はDropboxの話を例にあげましたが、他社が提供する同様のサービスにも同じようなトラブルが起き始めているようです。
また、ソフト自体は立ち上がるが今まで見れていたサイトが見れなくなったというような問題もあるようで、まさに本日別件でMac OS10.8.5(MountainLion)付属のSafariではバージョンが古くてFaceBookなどhttpsで始まるSSL等で暗号化されたページを見る事ができなくなったという相談を受けたばかりです。

パソコンのOSのバージョンの問題は、ソフトウエアや周辺機器との互換性、そしてウエブなどで提供される様々なサービスへの対応状況などあらゆる部分でネックになってきます。うかつにアップデートする事で使えなくなる事もあれば、現状維持のままでも本体やOSが古いばかりにサービスの対象から切り捨てられたり。

次々に新しい技術が発明され、それらを取り込んだ商品が出てくるわけですから、やむを得ないといえばそうなんですが既存のユーザーにとっては頭の痛い問題ですよね。
ですがご安心ください。弊社は上記のようなトラブルと日々戦っており情報や回避策も多く持ち合わせております。
お使いのパソコンで何か困った事がありましたら遠慮なくご相談いただきたいと思います。

-iMac, Mac 保守, Mac 修理, MacBook, MacBookAir, MacBookPro, Macmini, MacPro, PowerBook・iBook, PowerMac, サポート, ブログ, ブログ・コラム, リモート遠隔, 機種
-, , , , , , ,

Copyright© Mac修理アースト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.