キーボードにコーヒーをこぼしてしまった。【MacBook Air MC965J/A】

キーボードにコーヒーをこぼしてしまった。【MacBook Air MC965J/A】


ノート型のパソコンを使っている人なら決して他人事じゃないアクシデント、そう液体こぼし。今回のご依頼はMacBook Air (13-inch, Mid 2011)にコーヒーをこぼしてしまった為にキーボードが全く使えなくなってしまったというものでした。

お預かりして様子を見てみたところ、起動こそちゃんとしてくれるものの、確かにキーボードは殆どのキーが反応なし。これではどうする事も出来ません。しかもお客様曰く「結構大量にこぼした」という事だったので、下手をすると被害はキーボードだけに止まらず、その下にあるメイン基盤であるロジックボードにも侵食してしまっている可能性もあります。
キーボードだけなら、こちらを交換する事でなんとかなりますが、ロジックとなるとそう簡単ではありません。交換費用も高くなってしまいますしね。

早速本体を確認させてもらったところ、まず上記写真の通り(ちょっと見にくいですが)キーボードの裏面にコーヒーの痕がしっかりと付いてました。幸いロジックボード側はそこまで被害は酷くなかったので、基板洗浄で腐食を取り除いてあげる事で二次的な不具合の発症は食い止められたのではないかと思います。(無論、時間の経過と共に何か不具合が起きる可能性も否定はできませんが)


MacBookAirのキーボード交換はロジックボードを取り外す必要があるので、それなりに大変です。同ボードがMacBookProよりも省スペースになっている為、その分少し楽ではありますが。それにしてもキーボード部分の小さいネジの多い事多い事w

交換用のキーボードが届くのを待って早速交換作業を行い。無事に正常動作できる事が確認できました。
冒頭にも書きましたが、水やコーヒー、アルコールなど種類は様々ながら、飲みながら作業を行っている方も多いと思います。同様のアクシデントに遭遇しましたら、まずは電源を落とし拭き取れる可能な水分を取り乾かしましょう。(下手にドライヤーなど使うと、その熱で変形したり壊れたりするので注意!!)
そして宜しければ弊社までご相談ください。