PowerMacG4 QuickSilver 電源ユニット交換【M8360J/A】

PowerMacG4 QuickSilver 電源ユニット交換【M8360J/A】


PowerMacG4の電源ユニット不良と言うと、まっさきにMDD(Mirrored Drive Doors)が浮かんできますが、この一世代前の先輩、QuickSilverもMDDほどではないですが電源ユニットが壊れる事があります。

電源が入らなくなる原因としては、主に電源ユニット自体の不具合や内蔵電池の枯渇、メイン基盤の配電不良などが挙げられます。
今回の検証では電源ユニットが壊れている事が判明、こちらを交換する事になりました。

ちなみに『電源が入らない』という事でご依頼いただいた中でも、今回のように全く電源すら入らないケースと、通電はしているが画面が映らない為に電源が入らないと思ってしまうケースがありますので、このあたりは注意深く見てみる必要がありそうです。

いずれにしても、この本体のようにメーカーさんがサポートをやめてしまったものも、弊社では修理行っていますので、ご相談ください!!