トラックパッドの操作が効かない【MacBookPro】

トラックパッドの操作が効かない【MacBookPro】


トラックパッドの操作が効かなくなっしまったというMacBookProの修理を行いました。

真っ先にトラックパッドの劣化かな?と疑うところではありますが、実際には全く別の部分に起因している事もあります。

今回はなんと、内蔵バッテリーが経年劣化とともに膨張してきてしまい、本体内部からトラックパッドを圧迫していた事が原因でした。
ひどい場合は写真のようにバッテリーの膨張どころか、ほとんど破壊されてる状態になってしまう事もあります。
今回お預かりしたMacBookProでは本体にも影響が及んでおり、ボトムケースがめくれ上がって内部が見える状態にまでなっていました。

同様にトラックパッドの操作に違和感を感じた方はバッテリーの状態にも気を配ってみてください。
充電がすぐになくなってきたりしても同様ですが、メニューバーのバッテリーの項目で状態を確認する事もできます。
「今すぐ交換」というメッセージが出ている可能性もあります。

なお、以前のMacBookやPowerBook、iBookでは自分でもバッテリーを交換する事ができましたが、
最近の機種は本体を分解しなければ交換出来ない仕様になっている事に加え、
メーカーやパソコン専門店にも交換バッテリーを取り扱っていない場合もございます。