MacBook Proのキーボードが効かなくなった。

MacBook Proのキーボードが効かなくなった。


弊社にはお電話だけでなく、メールからもお問い合わせいだだけるようになっておりますが、先日件名のようなご相談がありました。

詳しくお伺いしたところ、ほんの少量だが液体をこぼしてしまったかもしれない?
ただしばらくは使えていたので気にはしていなかったが、ここに来て急に使えなくなった。
という事でした。

液体混入があった本体はその量や入った場所にもよりますが、今回のように直後は問題なくても時間の経過と共に問題が発症することがよくあります。
また修理内容もキーボードの上からほんの少量・・・というレベルならキーボードの交換だけで済みますが、それなりに多い量や、机にこぼしたものが吸排気口から侵入してしまった・・・という事になるとトップケースごとの交換が必要だったり、もっと言えば、内部ロジックボードや電源基盤、HDDやメモリ、光学ドライブ、バッテリーと影響が及んでいるパーツを交換しなければならなくなります。

この本体は後日お送り頂き、弊社にて検証したところ
幸いながらキーボード部分の交換だけで完全復旧いたしました。
このパーツも単体ではなかなか入手できるものではありませんし、
液体混入となれば、メーカー修理も受けてもらえなかったり、法外な値段を請求されたりしますので、お悩みの方は是非弊社までご相談ください!!