電源が入らないMacBookAirの修理

電源が入らないMacBookAirの修理


本日は、MacBook Airの電源が入らないというお問い合わせが入り、修理対応しました。

お急ぎとのことで、弊社までご足労いただきおMacBookAirをお預かり致しました。
その場でお客様と一緒にご申告の症状を確認いたしました。
ご申告通り電源ボタンを押しても全くうんともすんとも電源が入りません。
さらにお客様からお話をお伺いしたところ、症状が発生する前にキーボード左下に少しコーヒーを零してしまったとの事でした。

早速本体を分解してロジックボード等への液体の影響を確認しましたが、今回は幸い基盤にまでは液体の影響は及んでいませんでした。
しかし、さらに分解を進めるとやはりご申告通りキーボード左下にコーヒーの跡がありました。
液体の影響によるキーボード不良により、電源が入らない状態になっていました。
MacBook Airの場合、部品の構造上、キーボードと電源ボタンが連動しているため、キーボード自体の不良から電源が入らない症状も発生いたします。
画像のように外見では液体の影響が分かりにくい場合もあります。
しかし、微量であっても、もしかしたら液体がかかってしまったかも。。。と言う具合でご不安でしたらお気軽に弊社までお問い合わせください。
くれぐれも日々液体こぼしには注意してMacをご利用下さい。