電源が入らなくなったMacProの出張訪問修理

電源が入らなくなったMacProの出張訪問修理

今回は不動産関係の法人様から出張依頼がありました。
内容は社内で使っていたMacProが突然起動しなくなったというもの。
電源ボタンを押しても「カチっ」と音がするだけで、そのあとはうんともすんともな状態。

初期型から2008年モデルあたりのMacProで一番多い故障はグラフィックカードの故障ですが、電源ユニットもメモリ不良と同じくらい割と多いですかね。
ご申告では「うんともすんとも」でも、実際に見てみたら実は電源は入っていて、画面だけ真っ暗というパターンもあります。
そういったケースも想定して、今回は電源ユニット以外に交換用のグラボとメモリなどを持って伺う事にしました。

実際に拝見した結果、今回は電源ユニットの不良である事が判明。
交換用の電源を取り付けて、無事に起動出来るようになりました。

ハードディスクやメモリと違って、電源ユニットはどこにでも売っているようなものじゃありませんし、ましてやこの年代のMacProは、メーカーのサポートも切れてしまっています。つまりは普通に考えたら入手は無理って事です。

弊社の場合は、独自の入手ルートと故障した電源を修理する手段を持ち合わせておりますので、もし同様の不具合でお困りの方は是非弊社までご相談ください!!