映像が乱れて起動出来ない MacPro【Early 2008】

映像が乱れて起動出来ない MacPro【Early 2008】

今回は電源を入れても起動時のアップルマークの画面から映像が乱れてしまって起動出来ない MacPro Early2008 の修理レポートになります。

MacProの故障で最も多い症状に挙げられるのは、この「映像乱れ」による起動不良です。
原因は明確で、主にグラフィックボードの故障によって発生する症状です。
グラフィックボードの故障では、映像乱れの他、「電源を入れても映像が全く映らない」「マウスポインタが二重に重複して操作を受け付けない」「マウスポインタを操作すると画面の一部が歪むようになる」等、様々な症状が発生します。

今回の映像乱れの症状も下記の画像のように中々奇抜な乱れ方をしていました。

このまま起動時のアップルマークのまま進まず起動しない場合や。。。

起動時のアップルマークからは進めたものの、青い網目模様の乱れに変化してこのままデスクトップまで辿り着けない症状でした。
ここまで奇抜な映像乱れの症状は久しぶりに遭遇しました。

しかし、ここまでの症状を発生させるグラフィックボードの種類は今までの経験上予測はついておりました。
MacProのサイドパネルを開けてみると。。。

やはり赤い基盤が特徴的な、ATI Radeon 2600XTというMacPro Early2008にデフォルトで搭載されているグラフィックボードでした。

早速このグラフィックボードを代わりのグラフィックボードに交換したところ、正常に映像も回復して起動出来るようになりました。

弊社では、交換する新しいグラフィックボードに冷却機能を飛躍的に向上させる専用ファンとグリスを添付します。
MacProのグラフィックボード故障は主に温度変化の繰り返しによる半田クラックによるものです。
この半田クラックを極力今後発生させないため、特にグラフィックボードが高温状態にならない様にするための処置としてこれらを行っています。

市場では初代のMacProやEarly2008のMacProに搭載出来るグラフィックボードは、アップグレード用の高価なものを除き、新品中古共にほとんど製品が出回っていない状態です。

弊社ではまだまだ交換修理対応可能です。
出張訪問サポートでも修理対応致しております。

MacProのトラブルが発生した場合には、まずは是非一度、弊社までお気軽にご相談下さい。