アーストサポート日誌より『第29話 塩ふりフレンズ』

日常的にパソコンでお仕事をされたり、動画やゲームなどで長時間パソコンを使うこともあるかと思います。
そんなとき、基本的にはダメだとわかっていても、
パソコンを使いながらついついお菓子を食べてしまうことありませんか?

今回は、そんなパソコンあるあるについて考えて見たいと思います。

パソコンでの作業中ですと、「なるべく手が汚れないように…」と、クッキーやチョコレートなんかを選んだりしていないでしょうか。
それでも、知らず知らずのうちに細かなお菓子のカスはこぼれ、指についた油脂分はキーボードにも付着するものです。

クッキーのカスはキーボードの隙間にパラパラと入り込んでしまい、さらに、油や汚れがついたキーボードは、いつの間にか雑菌が繁殖したりしています。
掃除をしていないキーボードが「トレイの便座よりも汚い…」なんて話は、結構有名だったりするんですよ。
でも、これらは決して都市伝説なんかではありません。
しかし、だからと言って「よしっ!いっちょ掃除するか!!」と、安易に掃除機をかけたりしないでくださいね。
普通の掃除機でホコリやカスを吸い出そうと思っても、キートップがあれよあれよと吸い込まれて穴だらけになってしまいます。
それに、吸気口が静電気を帯びてしまうことで、パソコンの故障に繋がることもあるんですよ。

「掃除機って吸引力が強いフレンズなんだね!」

…と、某ゆるアニメのフレンズ語でとぼけても、どうにかなるものではありませんので注意しましょう。

と、いうわけで。ここで、正しいキーボードやパソコンのお掃除方法をおさらいしておきましょう。

まず、キーボードを拭くときには、「無水エタノール」を「柔らかい布」に含ませて使いましょう。
あまりにも汚れがひどいときには、キートップを外して丸洗いしてしまうという方法もあります。
また、内部に入り込んでしまった小さなホコリやチリには、エアダスターを使用してくださいね。

こうしたお手入れグッズは、家電量販店やパソコンショップにいけば必ず置いてあります。
それほど高いものでもありませんし、一回のお掃除で使い切るようなこともないと思います。
ですので、ぜひ常備品としてオフィスやご家庭内に置いておいてもらいたいものです。
また、パソコンの内部というのは、長い間放置していくと、意外とホコリが溜まっているものです。
パフォーマンスの低下にも繋がるので、お掃除は定期的にしておきたいものです。
ご自身でのお手入れに自信がなかったり、お困りのことがあれば、ぜひアーストへご相談くださいませ。

関連記事

  1. アーストサポート日誌より『第27話 緩衝材』

  2. アーストサポート日誌より『第16話 インコ』

  3. アーストサポート日誌より『第28話 オーバースペック』

  4. アーストサポート日誌より『第17話 orz』

  5. Macのバッテリー交換修理も弊社にお任せ下さい。即日修理致します!!

  6. アーストサポート日誌より『第11話 お手紙』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

@Mac修理サポート

mac@arst.jp
TEL03-3709-9993(年中無休24h対応)
コアタイム 10:00~19:00(要予約)
東京都世田谷区玉川2-15-13アーストビル

最近の記事

修理レポート