iMac Mac 修理

【iMac27inch】画面が激しく乱れる

更新日:

ご相談内容

長年使用していたiMac (21.5-inch, Mid 2011) だが、ここにきて起動すると画面全体に激しい乱れが表示されるようになった。一度そうなると完全にフリーズしてしまったような状態になりマウスポインタによる操作も受け付けなくなるため、仕方なく毎回強制再起動をかける事になる。それでもしばらくはPRAMクリアなどのリセットをすれば普通に立ち上がっていたが、発生の頻度が段々と多くなり仕事に影響が出始めたため今回のご依頼となったそうです。

激しい画面の乱れを確認(初期診断)

発生の頻度についてはまちまちだが、最近はかなりの率で発生するという事でしたので早速診てみることにしました。ご申告の症状的にはほぼ間違いなくグラフィックボードの不良なんですが、やはり症状をこの目で確認するまで断定するのは早計というものです。

実際の話、弊社に到着して起動を確認した所まずは普通に正常起動してしまいました。『しまいました』というのも変な話ですが、こちらでの検証では本当にしばらくは正常に動いていました。検査ツールも特に異常は検出されずで、こうなるとやっぱり症状が出現するのを待つしかありません。

グラフィックボードの不良の場合は、経験上本体が熱を持つと症状の発症が出やすいので本体に負荷をかけるテストを行っていました。それがこの冒頭の写真なんですが、Grapherというグラフ計算機アプリを使用中に突然画面に激しい乱れが発生。そのままフリーズしてしまいました。これがご申告の症状ですね。

面白い事に、一度この症状が発生したあとは、その後の起動では画面の半分が右と左に真逆に表示されたり、一見普通に立ち上がっているようでFinderメニュー部分がズレて表示されたりと『如何にも映像周りの不具合』という症状のオンパレードです。

GPUグラフィックボードの修理(故障パーツ修理)

この世代のiMacでは他の不具合をぶっちぎりで引き離すぐらい多い症例であるグラフィックボード(以下グラボ)故障。弊社ブログでも過去に何度かご紹介しているのでご覧いただいた方も多いと思いますが、今回も例に漏れずグラボ不良でした。症状的にはほぼ間違いないのですが念には念を入れて検証用のグラボと交換を試した所、正常な動作を確認。逆にお客様のMacに搭載されていたグラボを弊社検証用マシンに搭載した所、不具合の症状は微妙に違いましたが起動自体が出来なくなりました。グラボ不良確定です。

ここから先の修理の中身については企業秘密となりますが、 グラボ修復実績200件を超える弊社リペアマスターの手にかかればかなりの高確率で修復させる事が出来ます。ただしその技術は一朝一夕で確立したわけではありません。

元々はリコールがあったぐらい多いこの世代のiMacのグラボ不良ですが、当時は壊れたグラボを正常なものと交換するという修理が一般的でした。しかしメーカーであるAppleがサポートを打ち切ってからは交換するパーツの供給が止まり市場には中古品しか出回らなくなりました。それでもその中古品が問題ないものなら良いですがなにせリコールがあった曰く付きの型のグラボです。その時点では正常でも同じような不具合を抱えている可能性があります。事実希少価値もついて高額になったグラボをわざわざ取り寄せたは良いけどまたすぐに不具合が発生してしまった・・・などという悲しい事例をよく耳にしました。

弊社でもメーカーがこの機種のサポートを打ち切った頃から同様の相談を数多く受けるようになり、当初は前述の通り海外からパーツを手配するなどしていました。しかしこれだと時間はかかるし費用も高くなる。そしていつ不具合が出るかわからない。そりゃそうですよね。中古パーツの場合はそれまで使用していたユーザーがどんな頻度でどれくらいそのパーツを使用していたが全く見えないんですから、予想しようもありません。『これではダメだ、何とかならないか、より安価でしかも早く確実に治す方法はないものだろうか?』と検討に検討を重ねた結果、ようやくこの修理技術を確立し実際に導入に踏み切ったというわけです。

まとめ

修復を行ったグラフィックボードを搭載し、本体を起動させたところ正常に画面が映ることを確認。ここから一定期間の耐久テストを行い、チェック項目を全てパスしてからお客様に完了のご連絡となりました。
「もう古いものでメーカーからも修理を断られたので別の業者に相談したら中古グラボへの交換を提案された、しかしその値段が思ったよりも高額だったために一旦躊躇していたが、たまたま友人から御社を紹介され依頼してみる事にした。その結果時間もかからず費用もかなり安く済ませる事ができて本当に良かった』という嬉しいお言葉もいただけました。リペアマン冥利に尽きる瞬間です。

iMacのグラフィックボード不良は今回ご紹介した画像乱れの他に、起動しているのに画面だけうつらないとか、りんごの途中で再起動がかかってしまう、起動画面に緑や紫の縦の縞線が入るなどといった実に様々な症状が報告されています。このような不具合が起きた方は是非アーストまでご相談ください。

アーストお問い合わせフォーム

-iMac, Mac 修理
-, , , , , , , ,